交通事故

 交通事故は、自賠責保険の損害賠償基準、任意保険の損害賠償基準(保険会社同士の示談の基準)、裁判(弁護士)基準とそれぞれに損害額が異なっていることへの理解がまず必要です。

 この中で、損害賠償請求の額が最も高くなる可能性があるのは、弁護士が被害者の代理人として示談交渉する、裁判基準(保険会社が提示する任意保険の基準額ではなく、裁判となった場合に正式に認定される額)です。

 任意保険に加入されている方で、保険会社に示談交渉をお任せの方であっても、最後に示談書にサインされる前に一度弁護士のチェックを入れることをお勧めします(直接自分が示談する必要がある場合(被害者の方が無過失の場合)は、弁護士に相談することを特にお勧めします)。
 交通事故の相談と一口に言いましても、事故発生直後、治療中、後遺障害認定前、後遺障害等級認定後等、様々な段階があり得ます。
当事務所では、事故発生直後から症状固定、後遺障害等級認定後までのどの段階においてもご相談に乗ることが可能です。できるだけ早い段階でご相談いただけた方が、裁判基準に則った公正な損害賠償額を主張できる可能性が高くなり、支払われる金額が増加する可能性があります。
 なお、当事務所では弁護士特約に対応しております。相談される方にとっては、法律相談料及び弁護士費用についてのご負担なく、弁護士に依頼できるメリットがありますので、相談時にその旨お伝えください。

Copyright © 2020 Yastsugatake Law Office. All rights reserved.