​予防法務(事業者向け)

 企業の取引においては、当局による法的規制及び将来的な紛争の可能性を考慮した取引を行うことが、予防法務的な観点から極めて重要です。その際に、常日頃紛争解決の専門家として業務に従事している弁護士が関与すれば、業務経験に即したアドバイスを行うことができます。

 例えば、B to B(企業間取引)、B to C(個人向け取引)契約書の起草、相手方から提示された契約書チェック、新規事業立ち上げ、既存事業における法的リスク等の分析が代表例として挙げられます。

 新しく起業しようとする方にとっても予防法務は極めて重要です。事業の命運をかけた重要な契約締結等の際に、弁護士のチェックを入れることは、その後相手方から一方的に契約を打ち切られる、約束通りに取引がなされない等の不合理な意図せざるリスクを大幅に低減でき、仮にそのような問題が発生したとしても、弁護士を通した交渉が可能となります。これにより、スタートアップ後の経営の安定にも資することになります。

Copyright © 2020 Yastsugatake Law Office. All rights reserved.